ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グーグル、China Mobileと提携--中国でモバイル検索を提供へ
2007年01月05日 (金) 19:23 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


今日から、僕も仕事初めです。
おとといから今朝まで、風邪で寝込んでました。
ときどき起き出しては、パソコンの前に・・・。
すると、嫁さんにおこられて・・・。

そういえば、去年は仕事初めの日に発熱で早退してました。
健康管理に気をつけなきゃ!と思うこのごろです。

今日は、いっぱいニュースがありますね。
書ききれないくらい。
ですけど今日は、病み上がりですから、このくらいで。


グーグル、China Mobileと提携--中国でモバイル検索を提供へ(CNET JAPAN)
GoogleがChina Mobileと提携し、China Mobileのインターネットポータル上でモバイル検索機能を提供することとなった。提携は米国時間1月4日に発表されたが、両社は12月よりモバイル検索のトライアル運営を始めており、2007年の早い時期には正式版を提供開始する予定だ。

中国移動(0941)







GM、中国で生産する2車種を最大10%値下げ(朝日新聞)
米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、中国市場での販売増を目指し、現地生産している2車種の価格を最大10%引き下げた。

これにより、中国市場の競合他社も同様の値下げに踏み切らざるを得なくなる可能性がある。
-----
価格競争勃発!ですね。

東風汽車(0489)




デンウェイ(0203)







中国電子商取引市場の現状と趨勢、そして中外協力(MYCOM ジャーナル)
中国を代表するポータルサイト「TOM在線(TOM Online)」を運営する同名のTOM在線が昨年末、米eBayとジョイントベンチャー設立で合意、協議書を締結した。

新たなオンライン・マーケットプレースは、中国国内の買い手、売り手により多くのビジネスチャンスをもたらすと期待されている。ビジネス機会の創出により、中国市場におけるeBayの発展が促進されると同時に、TOMもまた自前のワイヤレス・サービスのポートフォリオを、モバイルコマース領域に浸透させることができる。サイト立ち上げ後は、eBay EachNetsがユーザーを同サイトへと誘い込み、TOMもユーザーのトラフィックを同サイトへと誘導する計画だ。

TOM ONLINE(8282)







「中国、最新鋭戦闘機“殲10”を実戦配備」(朝鮮日報)
文匯報は「“殲10”が日本の自衛隊のF15、F16型機よりもやや優れているため、日本でも最新型戦闘機の開発を求める声が強まっている」とも報じた。中国空軍はまた、瀋陽と成都の航空機製造工場で、レーダーに探知されにくいステルス機能を備えた第4世代の戦闘機「殲13」「殲14」の研究・開発を進めているという。
-----
瀋陽と成都の航空機製造工場?

アビチャイナ(2357)




ここの筆頭株主は、中国10大軍需産業グループの一つ、中国航空工業第二集団公司というところです。

しかし、アビチャイナは、民間航空機の方でした。




広州、中国初の所得1万ドル都市に(朝鮮日報)
05年の中国の大都市の1人当たりのGDPは広州が8500ドル(約100万円)で1位、上海が7600ドル(約90万円)、 深センが7300ドル(約86万円)の順だった。この後に蘇州、杭州、北京などが続いている。

専門家らは、広州の1人当たりのGDPは日本の1980年代中盤、韓国の90年代中盤水準だが、実際の購買力をみる購買力評価(PPP)ではもう先進国水準に到逹していると評価する。中国の経済規模は、購買力評価基準のGDPではすでに米国に次いで世界2位だ。

越秀投資(0123)







中国、銀行の預金準備率を0.5%ポイント引き上げ(ロイター)
中国人民銀行(中央銀行)は5日、銀行に対する預金準備率を0.5%ポイント引き上げると発表した。15日から実施する。

ウェブサイト(www.pbc.gov.cn)上で明らかにした。過剰な流動性や比較的大幅に伸びている貸し出しを抑制するのが狙い。

今回の引き上げにより、預金準備率は、大手国有銀行と株式制の一般商業銀行が9.5%、都市部の信用組合を含む小規模銀行が10.0%となる。
-----
今年初の景気引き締め策です。
この策の影響は?




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。