ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
急反落、60ドル割れ=NY原油先物
2006年11月23日 (木) 09:35 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


昨日からたくさんのアクセスありがとうございます。
昨日は、最近人気の銀行株のニュースばかりで、ほかに面白そうなニュースがみつかりませんでした。

今日は、日本は祝日ですからホリデイ・トレードをされる方もおられるでしょうね。

さて、投資に役立つニュースはあるでしょうか?




急反落、60ドル割れ=NY原油先物 (時事通信)
22日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、予想外の在庫増を嫌気して急反落し、米国産標準油種WTIの中心限月1月物は前日終値比0.93ドル安の1バレル=59.24ドルで取引を終えた。NYMEXは感謝祭に伴い、23日から26日まで4連休となる。
-----
「ニューヨーク原油先物相場は下落。米エネルギー省が発表した週間在庫統計で、原油とガソリン在庫の増加が示されたのが背景。」(ブルームバーグ)

「在庫統計によると、11月17日に終了した週に原油在庫は516万バレル増加して3億4110万バレル。在庫水準は6月30日に終了した週以来最高になった。ガソリン在庫は141万バレル増加して2億170万バレル。6週間ぶりに増加した。ブルームバーグ・ニュースがアナリストを対象にまとめた調査では、原油在庫は 70万バレルの増加、ガソリン在庫は減少が見込まれていた。」(ブルームバーグ)

どうみても、「売り材料」 との声が。




中国HIV感染者急増(東京新聞)
中国衛生省は二十二日、エイズウイルス(HIV)感染者が今年十月末までの累計で約十八万三千七百人、うち発症者は四万六百人と発表した。感染者は昨年同期に比べて35%も急増している。

 衛生省が発表するエイズ感染者数は、隠ぺい体質が根強い地方政府からの自己申告に基づくもので、実際の感染者は昨年末で六十五万人以上と推測される。中国政府は二〇一〇年の感染者数を百五十万人以内に抑える目標を掲げ、有効な対策を打てない場合は同年の感染者が一千万人に達すると危機感を強めている。
-----
エイズ薬を研究開発する会社は?

SARSが流行したとき、漢方薬の会社が急騰しました。
今回も、エイズ薬誕生!の噂で上がる製薬銘柄があるかも。

北京同仁堂科技(8069)




中国で深刻な肺がん、マンション内装と関係も指摘(エクスプロア)
11月は「肺がん撲滅デー」など、肺がん予防の啓蒙をするイベントなどが中国各地で行われている。中国衛生部のデータによれば、中国では過去5年間で肺がん患者が約12万人増加し、その発病年齢も、5年毎で1歳若くなるなど、低年齢化が進んでいる。また、中国で癌で死亡する患者のうち、4人に一人は肺がんが原因で亡くなっており、事態は深刻だ。

中国でこのまま禁煙運動が行われず、大気汚染が進むと、肺がん患者は年間100万人に達するものとみられている。人口が多いだけに、世界一の肺がん大国になってしまう可能性もある。

中国衛生部の統計によれば、肺がんの原因として、環境汚染との関係が大きいとされているが、その中でもとくに深刻なのが、マンションなどの内装による室内の空気汚染。そのため、専門家はホルムアルデヒドの問題などの対策を急ぐように呼びかけている。
-----
この記事の中には、投資のヒントとなるキーワードがたくさん存在しています。

肺がん=医療、製薬。

環境、汚染、禁煙(たばこ)、内装=建材。
などなど。



【中国】工場汚染物質の排出増加、摘発を強化か (NNA)
今年1~9月に工場などが排出した汚染物質の量が、昨年同期を上回っていたことが、国家環境保護総局の調べで分かった。二酸化硫黄(SO2)は4.2%増え1,274万6000トン。化学的酸素要求量(COD)も689万6,000トンと3.7%、工業排水も120万4,000トンと2.4%それぞれ増えている。今年から始まった第11次5カ年計画(2006~10年)は環境保護を重点施策のひとつに掲げているが、出だしからつまずいた形。今後、産業汚染関係のさらなる規制・摘発強化は必至といえそうだ。

業種別では、食品加工業、製紙業、化学工業、紡織業、化学繊維工業でCOD排出が深刻。この5業種での排出量は、重点調査対象企業全体の排出量の82.3%を占めたとしている。
-----
環境といえば、空気と水。
僕は、水に注目しています。

東江環保(8230)




天津創業環保(1065)




粤海投資(0270)




中国水務(0855)




中国光大国際(0257)







特許庁、中国の審査に協力・日中合意(日経)
日本と中国の特許庁長官は22日、都内で会談し、特許の審査協力や、中国の知的財産法にあたる「専利法」改正への支援で合意した。審査結果の相互利用や審査官の交流を進める。今後、専門家会合で協力内容の詳細と開始時期を詰める。中国の知財法改正に向け、日本の特許制度や判例などの情報を提供していくことでも一致した。
-----
日本は景気が良いそうですが、皆さんは実感できてますか?
中国では、若い世代を中心に景気意識が上昇傾向とのことですが・・・。


庶民は苦しい生活を余儀なくされていますが、大企業には恩恵が?
その大企業、日本から中国に逃げ出しそうな感じがしませんか?
国は、大企業の背中を押している気がしますが・・・・。

コマツ、中国生産6割増・2008年度メド(日経)
コマツは2008年度をめどに、中国での建設機械の生産を今年度見込みの9000台に比べ6割程度増やす。来年には上海などに研究開発拠点も開設する計画。中国市場は「リスクはあっても発展が続く」(坂根正弘社長)とみて体制拡充を続ける。




[中国]都市部で子供に物ごいさせる大人急増(毎日新聞)
経済発展が進む中国の都市部で、子供に物ごいをさせて収入を増やす大人が急増し、社会問題となっている。出稼ぎで建設労働などのアルバイトをするよりも収入が多いためだ。しかし物ごいをさせられた子供たちは心に傷を残し、健全な成長にも悪影響を及ぼしている。中国誌「遼望東方」が報じた。

物ごいの経験を持つ子供は、保護された後も勉強への意欲を失ったり、学校の管理下に置かれることを嫌がる傾向が強いという。
-----
このような事柄が国を動かし、中国を良い方向へと導くことになると思われます。

教育制度改革は、日本だけのものじゃない。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。