ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銅相場は今後3カ月間で20%下落も、建設業界の需要冷え込む
2006年05月24日 (水) 23:16 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


銅相場は今後3カ月間で20%下落も、建設業界の需要冷え込む-HVB (ブルームバーグ)
ドイツの銀行大手HVBグループは、銅相場は今年に入り過去最高値圏に上昇したものの、今後3カ月間で20%下落する可能性があると指摘した。建設業界からの需要鈍化が主因だという。



さらに、

ロンドン金属市場:銅は 524.0ドル安 (ブルームバーグ)
ロンドン金属取引所のスポット銅価格:1メトリック・トン当たり 524.0ドル安の8,082.0

銅先物価格(3ヶ月)は、1メトリック・トン当たり 610.0ドル安の
7,850.0 。



しかし、昨日下げた上海では、

上海の銅・アルミ:終値でも値幅制限いっぱいの4%高-供給懸念強まる (ブルームバーグ)
労働争議の影響で銅供給が停止する恐れがあるため、1週間にわたる銅相場の下落は行き過ぎであるとの見方が広がった。
-----
銅価格の見通しについては、情報が錯綜しているようですね。

しかし、名前もしらないアナリストの戯言につきあうより、名もあり投資家の味方!といえる人物の言葉に耳を傾けるべきでしょう。




「商品相場は今では、投資先をあまり変更しない一部の市場関係者にとっても危険な投資先となっている。

中国経済の急成長や、株式や債券を上回るリターン(投資収益率)を狙うヘッジファンドによる買いが主な要因となり、01年以降、銅相場は4倍に、金と原油は2倍に上昇している。

先週は、銅をはじめ、銀、金、オレンジ果汁、ヒーティングオイル(暖房油)、粗糖、ガソリンが総じて5%以上下落し、上昇したのは小麦と豚赤身肉だけだった。 」(ブルームバーグ)


そんな中、電話インタビューに応えたジム・ロジャーズ氏は、

「どのような強気相場もやがて大幅な調整に入ることに注意しなければならない」と指摘。
「そして、調整局面は、3カ月から2年続く可能性がある」との見方を示した。



さらにロジャーズ氏は先週の商品相場急落を受け、

「今回の強気相場は、需給の不均衡が要因となっているため、さらに15年は継続する長期的なものだ。世界的にドルが過剰となれば、ドルが売られる。世界的に商品が不足すれば、商品は買われるはずだ」との見方を示した。

ロジャーズ氏は現時点で、金と銅は上昇を続け、農産物が最も高い上昇率を示すとの見通しを示している。

江西銅業(0358)




昨日約定した江西銅業(0358HK)は、銅価格の急落を受けて下落するんだろうなあ?




中国銀行、公募価格2.95香港ドル(日経)
香港市場に6月1日株式上場する中国の国有商業銀行大手、中国銀行の公募・売り出し価格が24日決まった。市場筋によれば、価格は一株当たり2.95香港ドル(約43円)。2.5―3.0香港ドルの範囲で投資家から需要を聞き取っていたが、ほぼ上限となった。




中国でガソリン値上げ 経済への影響懸念も(産経新聞)
ただ、燃料油価格改革の加速は中国経済に重大な打撃を与える懸念もある。燃料油値上げが公共料金や物価上昇に直結すれば、低所得層への不満が増し、社会不安を引き起こしかねない。実際、3月の値上げの際には交通省が「暴動が発生しないように適切な対応をとるように」との通達を関係部門に出したほどで、燃料値上げのしわ寄せをどの程度政府や国策石油企業がかぶるかは、いまだ議論が続いている。
-----
物価の上昇は、人民元の切り上げに繋がるか?




セガ、中国の自動車教習所向けシミュレーターソフトを共同開発(日経)
セガ、中国市場へ対応した自動車教習所向けシミュレータソフトウェアを共同開発 安徽三聯投資集団有限公司と提携
-----
中国にも自動車教習所が存在していたのですね。

マイカーブームが、もうすぐです。




中国電信、親会社がサービス部門を上場へ(ロイター)
中国の固定通信大手、中国電信<0728.HK>の親会社は、エンジニアリング・サービス部門を香港に上場する方針。

ゴールドマン・サックスとチャイナ・インターナショル・キャピタルが主幹事を務める。

中国電信(0728)





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。