ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国独自開発した最初の自動ギア乗用車が発売へ
2006年03月13日 (月) 21:36 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


中国独自開発した最初の自動ギア乗用車が発売へ(チャイナネット)
吉利汽車販売会社の販売最高責任者の張洪岩氏の話では、吉利汽車の自動ギア乗用車は同じブランドの手動ギアモデルに比べて約1万元安く、価格の面で大きな優位性をもっているという。
-----
中国の国産車といえば「吉利汽車(0175HK)」でしょうか?

中国ブランドで世界を目指す企業の一つが「吉利汽車」です。
そして、今、僕が最も応援したくなる企業が「吉利汽車」です。

しかし、こんなレポートも、

消費者から酷評、吉利汽車の品質が最低ランクに(中国情報局)
中国では、値段が高い車ほど消費者の満足指数も高まる傾向にあるようだ。
奇瑞汽車や吉利汽車といった自主ブランド車メーカーにとって、中央政府のサポートを追い風に品質を向上させ、消費者の信頼を勝ち取ることが今後の課題となっている。
-----
そういえば、日本で「スーパーカー・ブーム」が起こった頃、国産車に乗ることを「恥」と感じるドライバーが多かったように思います。

「国産車ですが・・・。」というフレーズで、自分を卑下する人が多かったような気がします。

中国の新自動車産業政策、メーカー124社生産資格取り消しの意味(日経BP)
確かに生産能力の過剰は事実だが、今回、発展改革委員会が無用の生産能力の徹底整理に乗り出したのは、過剰が主要因でないのは明らかだ。一部の自動車業界関係者は、真の目的は、現在の「分散、乱立、低水準」という産業構造を是正し、自動車メーカーの集積度を高めることだと主張している。
-----
これも「奇瑞汽車や吉利汽車といった自主ブランド車メーカーにとって、中央政府のサポートを追い風」となりそうです。


吉利汽車(0175HK):買い→目標株価:0.85HK$(メリルリンチ証券)
吉利汽車(0175HK):買い→目標株価:0.80HK$(ドイツ銀行)

吉利汽車(0175HK)







原油価格:4-6月期はバレル60ドルを下回る水準へ-サウジ中銀 (ブルームバーグ)
サイヤリ長官は訪問中のスイスのバーゼルでのインタビューで、「現在の原油高は続かない可能性がある。なぜなら、ファンダメンタルズでみれば、供給が増え、価格への圧力が強まるからだ。現在の供給は過剰だ」と述べた。

ところが!

NY原油時間外:反発、イランが国連制裁への報復示唆-60ドル超える (ブルームバーグ)
国営イラン通信(IRNA)は11日、プルモハンマディ内相の話として、国連がイランの核研究を阻止するために制裁を発動すれば、国際社会は「苦しむ」ことになるだろうと伝えた。イランは世界の原油生産の4%以上を占める。

サウジ:産油施設に投資へ、国外の投資利益を活用-中銀長官 (ブルームバーグ)
世界各国の政府と中央銀行、国際機関が保有する米国債のうち、石油輸出国機構(OPEC)加盟国の保有割合は5.4%と、ドイツとフランス、香港の同割合を上回っている。米国資産への国外からの投資は、ドルの価値を安定させるとともに、米国での借り入れ費用を抑えることにより個人消費を後押ししている。

市場心理として現在、これがドルを押し下げるかもしれないとの見方が広がっている。
-----
中東情勢の不安でまたまた原油高になれば、ドルの価値も下がるはず。
ここは、しばらく軟調だった金鉱株、紫金砿業(2899HK)が面白そう。

紫金砿業(2899HK)







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。