ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国、西部大開発に1兆6千億元を投入
2006年02月05日 (日) 19:49 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


いつも、たくさんのアクセスありがとうございます。

今日、僕の自家用車が当て逃げされました。
駐車場に止めていて、ぶつけられたのです。
ほとんど、大破です。修理費5、60万!といった感じです。前のバンパー、真っ二つ!!
後ろのバンパーも氷壁にぶつかって「ぐにゃ」でした。
買って1年半の車です。
ちょっとショック。

「いや~、車両保険入ってて良かった~。」と言いたいところですが、「何!?ぶつけた相手が見つからない場合は、保険金の支払いができないだと!!」という僕の保険の契約内容でした。

でも、不幸中の幸い、僕も家族も怪我しなくて良かったです。



そう思ってたら、ぶつけた相手からの電話です。
自首したようですね。

犯人見つかって良かったです。
100:0ですから、修理費全部向こう持ち。

ここで感じたことは、事故の場所が市立図書館だったこと。(日曜日の図書館に来る人に根っからの悪人はいない?)
有料駐車場で監視カメラが設置されてたこと。

もし、ここがパチンコ屋の駐車場だったらと思うと・・・・。

ただ、当て逃げの違反点数は、5点です。
6点で免停、15点で免許取り消しですよ。
ちなみに、ひき逃げは23点ですから、一発免許取り消しです。

当て逃げ、ひき逃げは絶対にいけません!!

そういえば、昨日のQさん(邱 永漢氏)が中国の保険株と銀行株を勧めていました。

損害保険株といえば人民財産保険(2328HK)がありますね。

ただ、以前僕は同銘柄で「おいしい思い」ができませんでした。




中国、西部大開発に1兆6千億元を投入(チャイナネット)
昨年末現在、西部地区で新しく着工した重点プロジェクトは70件で、総投資額は1兆元に上り、西部地区の経済成長率が絶えず伸びている。
このほか、西部地区の生態環境保全やインフラ整備も強化された。
-----
さて問題です。
西部大開発で脚光を浴びる銘柄は?

いきなりの質問では、ビックリですよね?
実は、僕もすぐには答えられません!
まだまだ勉強不足です。




中国、財政による農業、農村、農民への支持の強化を継続(CRI)
中央財政の農業、農村、農民に対する支持の内容とは、農業税を全面的に撤廃すること、末端組織の行政能力を高めること、各種の補助政策を完備させること、これを強化すること、農業と農村のインフラ整備への投入を強化することなどである。また、中国は、引き続き、農村の公共医療衛生、義務教育、科学技術の発展、環境施設と文化施設などの建設のプロジェクトの支持を強化する
-----
先週、アメリカの利上げ継続観測が大勢を占めたために、香港市場は調整の色が濃くなっていますが、それまでは農業関連株の上昇が目立ちました。

先日のテレビ東京・WBSで「日本のチーズの価格が上昇」というニュースを放送してました。
その原因は、中国で消費される乳製品が多くなってきたのだとか。
いよいよ、中国という大きな市場が動きだしたのでしょうか?

そういえば、僕が保有する日本株は、今現在「カゴメ(2811)」のみですが、野菜の値上がりとともに株価も上がってます。

中国人が豊かになって、野菜もたくさん消費するようになれば、日本の野菜価格は上昇しますよね。
日本の食料自給率は40%以下で、食料を輸入に頼っているのが現実です。

ちなみに、カゴメと提携している中国企業は、康師傅(0322HK)です。




中国、土地価格の安定を確保へ(CRI)
今後中国は土地利用の全体的な計画を厳しく実施するという前提条件の下で、不動産市場の変化に基づいて、適時に土地の供給総量と供給方式、供給時間を調整する

中国の自動車、シリアで人気 売れ行きは上々(チャイナネット)
シリアは毎年約6万台の自動車を輸入しているが、中国からの輸入が輸入全体の1/3を占めるに至っている。

春節商戦の中心は薄型テレビ、プラズマと液晶が主流に(中国情報局)
量販店の中にはフラットテレビの売上高がブラウン管(CRT)タイプを上回る店舗も現れ、2006年はフラットテレビの普及がますます加速しそうだ。

大手商社、中国製プラントの海外向け輸出支援を本格化(朝日新聞)
商社のプラント輸出はこれまでほとんどが国産だったが、最近は中国メーカーも力をつけて大型で高度な技術が必要なものまで手がけるようになり、価格競争力も増しているからだ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。