ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国務省「一つの中国」政策を堅持
2006年01月31日 (火) 21:38 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


いつも、アクセスありがとうございます。
明日からまた香港市場で取引できますね。

「今夜のFOMCでは政策金利の0.25%引き上げが確実視されるが、終了後の声明文からバーナンキ新議長下の金融政策を読み取りたいとの声が多い。」(日経)

今日で、グリーンスパン議長ともお別れですね。




米国務省「一つの中国」政策を堅持(日経)
米国務省の声明は、米政府の「一つの中国」政策に変更がないことをあらためて表明。
-----
アメリカは、どこかの国のように「靖国問題」などで中国を刺激しないのですね。



大手商社が輸出支援 中国とアジア域内貿易強化(FSBi)
日本の総合商社は、中国企業の輸出を支援することでアジア域内貿易や投資を拡大する。

・中国企業はパソコン大手の聯想集団(0992HK)や家電大手の海爾(ハイアール)を筆頭に、過剰生産による在庫解消のための海外市場開拓が喫緊の課題。

・丸紅は昨年、中国最大手の重電機メーカー、東方電気集団(1072HK)と共同で、ベトナム電力公社などのハイフォン石炭火力発電所建設を受注した。




三井金属、中国で貴金属リサイクル(日経)
上海市内で2007年1月に工場を稼働させ、パソコンや携帯電話の廃電子基板から金や銀を取り出す。集めた貴金属は電子材料として現地の電子部品メーカーに販売する。

NY金、一時25年ぶり高値・中東情勢懸念(日経)
一時、571.2ドルと1981年1月以来、25年ぶりの高値を付けた。

NY金($/トロイオンス) 570.60 (+ 11.80) 30日終値




急成長のワイン市場、今後も年15%成長(NNA)
中国でワイン市場の拡大が続いている。中国醸酒工業協会の資料によると、国内でのワインの売り上げは1994~2004年の間に79%も増加。毎年平均15%伸びた計算で、今後もこのペースは変わらない見通しだ。特に健康志向を持つ酒類消費者の間で人気が高く、ビールや白酒(パイチュウ)の地位に迫る勢いをみせているという。30日付新華網が伝えた。



急成長のワイン市場、今後も年15%成長[食品] (NNA)

中国でワイン市場の拡大が続いている。中国醸酒工業協会の資料によると、国内でのワインの売り上げは1994~2004年の間に79%も増加。毎年平均15%伸びた計算で、今後もこのペースは変わらない見通しだ。特に健康志向を持つ酒類消費者の間で人気が高く、ビールや白酒(パイチュウ)の地位に迫る勢いをみせているという。30日付新華網が伝えた。
政府の統計では、04年のワイン生産高は36万7,300キロリットルで、03年比14.7%増。売上高は17.1%増の74億3,400万元だった。05年は1~11月の累計で生産高が19.4%増の35万6,500キロリットルとなっている。業界の専門家は、今後も当面、年15%のペースで市場が拡大するとみている。

専門家は、中国人の生活水準が向上した結果、消費者の間ではワインは栄養と健康の両面でビールや白酒より人気が高まっていると指摘。ワインの消費増に有利な方向に、飲酒スタイルが変わってきているという。

3大国産ワインメーカーのひとつで、仏レミー・マルタンが24.8%出資する王朝酒業の劉継成副総経理も、人気上昇に加え政府のワイン産業支援と減税によって、市場の将来性は驚異的なものがあると指摘する。

中国のワイン市場は急拡大を続けているだけでなく、高級品市場で30~50%という高い利益率が確保できるのも特徴。これが外国のワイン業界にとって大きな魅力となっている。

現在、市場では王朝、長城、張裕の3大ブランドを中心とする国産ブランドが圧倒的。フランス産、スペイン産、イタリア産、ドイツ産を主力とする輸入ワインの市場シェアは10%前後だが、関税の引き下げに伴って外国産ワインは今後さらに中国市場参入が増え、価格も下がるとみられている。一部ブランド品の価格は国産中級品のレベルに下がる見通しで、そうなれば輸入ワインの売上増が加速するのは必至だ。

実際、300ブランドを超えるワインの輸入を手掛けるある米国系業者によると、北京の輸入ワイン市場は年30%を超えるペースで拡大しているという。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。