ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東風汽車が香港上場へ 自動車国有大手初 来月下旬、5億ドル調達
2005年10月07日 (金) 00:03 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


東風汽車が香港上場へ 自動車国有大手初 来月下旬、5億ドル調達 (FSBi)
中国の三大自動車メーカーのひとつ、東風汽車が香港証券取引所に新規株式公開(IPO)の申請を行った。申請が認められれば、来月下旬にも上場し、五億ドル(約五百七十億円)の資金調達を目指す。中国の大手国有自動車メーカーの上場は初めて。
-----
いよいよ自動車株の本命が上場します!
来月下旬予定とのことですが、非常にたのしみです。

現在、香港市場に上場している自動車株には一長一短あって、本気で買うべき銘柄がみつかりませんでした。
東風汽車は、かならずや期待に応えてくれることでしょう。

最近は、アメリカの利上げなど世界的に株価が低迷し、株価の回復は11月からか?と予想するアナリストもおりますが、その追い風となりそうな東風汽車の上場です。
東風汽車が香港上場へ 自動車国有大手初 来月下旬、5億ドル調達 (FSBi)
中国の三大自動車メーカーのひとつ、東風汽車が香港証券取引所に新規株式公開(IPO)の申請を行った。申請が認められれば、来月下旬にも上場し、五億ドル(約五百七十億円)の資金調達を目指す。中国の大手国有自動車メーカーの上場は初めて。

 ◆業界の景気回復

 同社は昨年、中国の自動車市場が低迷していたことから上場を見送っていたが、今回の上場申請で自動車景気の回復も本物との見方が強まっている。

 香港の英字紙「スタンダード」によると、東風汽車は今年八月、中国政府から香港上場の認可を得ており、今回の香港証取へのIPO申請となった。同社の上場を担当する金融機関は、米メリルリンチとドイツ銀行、中国国際金融の三社。

 東風汽車は昨年、香港での上場を計画しており、このときの調達資金額を十億ドル(約一千百四十億円)に設定していた。しかし、中国自動車業界が低迷していた時期だったため、〇四年内の上場は見送っていた。

 今年の上場でも当初、調達資金を六億ドル(約六百八十四億円)規模と見込んでいたが、今月下旬から中国の四大国有商業銀行のひとつ、中国建設銀行のほか、香港の不動産投資信託という大型優良企業が相次ぎ上場を予定していることから、同社も調達額を五億ドルに下げて設定した。

 今年上期(一-六月)の中国自動車業界は、売り上げが低迷していたものの、下期(七-十二月)に入ってからは販売台数も回復。中国国家統計局によると、八月の自動車販売台数は前年同月比9%増の四十一万八千七百台で、乗用車生産台数は二十五万千五百台で同46・3%の大幅増となっている。

 ◆小型車販売へ

 中国の国産自動車メーカーでは、東風汽車は、第一汽車、上海汽車に次いで三番目。今回の同社の香港市場上場は、中国の自動車業界の景気回復が軌道に乗ってきたとの見方が強まってきている。

 特に、同社は来年以降に販売攻勢を本格化する方針だ。重慶日報によると、日産との合弁会社の東風日産が来年から「マーチ」クラスの小型車の販売を開始する。

 同社は今年の乗用車売り上げ目標台数である十五万台を、来年は二十四万台、〇七年には三十万台にまで拡大するため、小型車生産により新たな購入者層の開拓を目指す方針だ。また、中国で販売しているブルーバード(藍鳥)と同レベルの車種を新たに展開する予定だと伝えられている。

                   ◇

 《東風汽車集団》 前身は1967年設立の第二汽車製造廠。69年に東風汽車が分離独立、81年に東風集団が成立。92年に第二汽車と東風が合併し、新生・東風集団として発足、中国三大自動車グループのひとつに数えられる。03年に本社を湖北省武漢市に移転した。

 現在ではトラックなどの大型車両だけでなく軽自動車、セダンなど乗用車の生産やエンジン生産も手がけている。中国の国産自動車メーカーとしては生産、販売台数とも第一汽車、上海汽車に次いで3位。昨年の売上高は前年比17%増の932億元(約1兆3050億円)、純利益は42億2000万元(約591億円)で、販売台数は同7%増の52万3000台。海外の自動車メーカーとの提携では、92年には仏シトロエンと包括提携。日産自動車、ホンダ、台湾の裕隆、韓国・起亜とも提携関係にある。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。