ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンセン銀行:固定金利型住宅ローンプランを発表
2005年10月03日 (月) 20:14 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


ハンセン銀行:固定金利型住宅ローンプランを発表(中国情報局)
HSBCグループで香港大手銀行の恒生銀行有限公司[香港上場、ハンセン銀行、0011]は新たな固定金利期間選択型の住宅ローンの金利について、1年ものは4.98%、2年ものは5.08%とすることを発表した。3日付で香港・経済通が伝えた。

この金利はこれまでのもより1年ものが0.48ポイント、2年が0.25ポイント高くなっている。

ハンセン銀行の柯清輝・副董事兼CEO(最高経営責任者)はまた、「香港銀行間金利(HIBOR)が継続的に上昇しているが、それによって我々がプライムレート引き上げの流れに追随する必要はない」と述べている。
-----
僕も今月には、新居に引越しが完了します。
投資とビジネスで、多少金回りが良くなりましたので、暴挙に等しい借金をしました。

日本は、徐々に景気が良くなっているように感じてますが、果たしてそうでしょうか?
少子高齢化はまだ序盤に過ぎず、人口減は目に見えてきました。
このような状況では、金利は上がらず、不動産価格も上がらないのでは?というのが僕の見解です。

先日のアメリカのハリケーンでは、移民や黒人などによる貧困層の存在が浮き彫りになりました。

アメリカでは、移民による人口の増加と貧富の格差により、富裕層が暮らす高級住宅街の不動産価格は上昇に歯止めがかからないはずですから、ロバート・キヨサキの意見に従えば、経済的自由がすぐにでも手に入る可能性があります。

しかし、日本では鎖国の流れを汲む国民性から移民を受け入れない体質だろうと思います。

日本の借金は増える一方で、徳政令を出す可能性もあるのでは?と思えてしまいます。いわゆる「借金の棒引き政策」ですね。借金をチャラにする!というやつです。
そうなれば、国と同様に借金と不動産のある者にかないませんから、僕も家を新築したのでした。

そして、家を普請しようとしてわかったのですが「カネは、天下の回りモノ」でした。(これについては、機会があれば述べたいと思います)

ハンセン銀行は、固定金利期間選択型の住宅ローンの金利について、1年ものは4.98%、2年ものは5.08%だそうですが、僕が利用する銀行は3年の固定型で1%ローンです。
その後の金利の上昇は控えめのはず?果たして?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。