ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 デフレ懸念の声
2005年08月18日 (木) 22:33 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


中国 デフレ懸念の声(読売新聞)
高い経済成長を続ける中国で、デフレを懸念する声が出始めている。国内の供給過剰を反映して、消費者物価の伸びは大きく鈍化し、企業収益も悪化し始めた。海外からの輸入品の価格低下につながる人民元レートの切り上げも、中国にとってはデフレ要因であり、今後の経済運営が注目されている。
-----
こちらは「インフレ」ではなく「デフレ」を予想してますか。

そうですよね。
中国は経済発展が著しいとはいえ、それは一部の地域に限っての話ですから、貧しい人々に高価なものは買えません。

もしかすると、中国政府は国内の物価の上昇を押さえ込んでいるのかもしれません。

企業は、人件費と原材料の価格の高騰を商品価格に上乗せできないのです。
国内には、13億人の巨大な市場があるのに儲からない。
国内市場より、海外市場。
中国は、やはり輸出に頼るしかないのだと思われますが、いかに?

そこで輸出といえば、コンテナか?



中海コンテナ




中海発展





中国 デフレ懸念の声(読売新聞)
高い経済成長を続ける中国で、デフレを懸念する声が出始めている。国内の供給過剰を反映して、消費者物価の伸びは大きく鈍化し、企業収益も悪化し始めた。海外からの輸入品の価格低下につながる人民元レートの切り上げも、中国にとってはデフレ要因であり、今後の経済運営が注目されている。

これまで中国経済は、民間設備投資や公共投資などの「固定資産投資」に引っ張られたインフレが懸念されていた。今年1~6月の固定資産投資は前年同期比25・4%増と、2004年とほぼ同じ水準で推移しており、依然として投資過熱は収まっていない。

 だが、家電製品、雑貨、繊維、自動車など幅広い分野で、新規参入や増産が続き、製品価格の下落が続いている。消費者物価の伸びは昨年に比べて大きく低下し、特に4月以降は、前年同月比で2%に届かない低水準で推移しており、これを「危険信号」ととらえるエコノミストも多い。

 中国は、原油価格の高騰などで、原材料や燃料価格が高止まりしているが、「供給過剰によって、価格競争が激しくなり最終消費財の価格に転嫁できていない」(在北京の日本人エコノミスト)ため、中国企業の収益にダメージを与える懸念もある。実際、国営新華社通信によると、今年1~5月の主要企業の収益は同15・8%増と、前年同期の伸びから27・9ポイント下落。また、赤字企業の赤字の合計額は、同56・1%増の917億元(約1兆2400億円)と急増した。

 新華社通信によると、北京大学・中国経済研究センターの林毅夫所長は、年内に消費者物価の上昇率がマイナスになると予想し、デフレへの警戒感を強めている。林所長は「中国の快速な経済発展もこうしたデフレのリスクを緩和しない」と見ている。

 国家統計局のスポークスマンは7月、記者会見で、「現在デフレがあると言えないし、今後もそうした問題は存在しない」と、デフレの可能性を強く否定したが、企業収益の悪化は認めた。

 中国の政府系シンクタンク、国家情報センターは、7月の人民元の切り上げによる消費者物価上昇率の押し下げ効果は、2006年末までに最大0・4%と予想している。人民元レートがさらに切り上げられることになればデフレ懸念がさらに深まる可能性もあり、マクロ経済政策のかじ取りはますます難しくなりそうだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。