ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歴史教育を想う(3)
2005年06月13日 (月) 18:53 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


歴史教育を想う(3)


韓国の人の苗字は何故『一文字』なのか、ご存知ですか?
北朝鮮の苗字も、もちろん一文字ですね。
金、洪、朴、黄、安、車など、同姓同名の人もたくさん見かけますが、間違いや混同などしないものでしょうか?
中国の姓も一文字ですから、一文字姓はの本家は中国で間違いないでしょう。
ですから、朝鮮は中国の影響をものすごく受けたといえそうです。

僕は三国志のファンでしたから、中国には昔から興味がありました。
今は、中国株に一番の魅力を感じています。

たとえば、劉備玄徳は、姓は劉、名は備、字は玄徳ですが、劉備や劉備玄徳というのは馴染みがあります。しかし、劉 玄徳というのは許せません。

諸葛亮孔明は中国では珍しい二文字姓ですが、諸葛孔明ではなく、諸葛亮孔明でなければ、三国志ファンは納得できないのではないでしょうか?。

日本人の苗字は、飯田、安倍、藤本、松浦、後藤など2文字が多く、たまに3文字の苗字もあります。
「これは国が違うから、当たり前」とはいかないみたいですよ。

大陸の文化は、中国から朝鮮半島を通って日本に伝えられたものです。
だから日本人の苗字は漢字を使い、姓は2文字だったり、3文字だったりするわけです。
これは、朝鮮半島の人々が、かつては2~5文字の苗字を名乗っていたからで、それを真似た日本では、2文字や3文字の姓が多いのだそうです。

では、いつから朝鮮の人々が一字の姓を名乗るようになったかというと、およそ600年前の「季王朝」になってからだそうです。

この季王朝というのは、新羅の軍人、「季 成桂」がクーデターを起こしたとき、明王朝に支援を求めたことがきっかけで、ついには朝鮮半島の国々が滅び、明の皇帝が名付け親になってできたのが「朝鮮」ということになっています。

しかし、この季王朝は独立国家というにはほど遠く、明国の統治領「朝鮮郡」として明王朝に仕える身だったのです。これは清王朝ができるまでの500年もの間にも及んだそうです。

季王朝は、明国に忠誠を示すため、姓を一字化したんだそうです。

この季王朝は軍隊を持っていなかったので、有事の際には、明の皇帝に支援を要請し、また武力を放棄することで、明王朝に忠誠を示し続けることができた、と云われています。

やがて、季王朝は明から清王朝の保護下に移り、その後『日韓併合』が行われましたが、それによって、季王朝が消滅したとされています。

それまでの季王朝の時代、朝鮮半島には、およそ500万人が住んでいたといわれていますが、その平均寿命がなんと、23歳!?なんだそうです。
これは、『赤ちゃんが生まれてまもなく死んでしまう』ということを意味したのです。

その頃の日本は、「人生50年」をはるかに超える平均寿命でした。
日本に比べて当時の朝鮮半島の人々は、もしかすると今の北朝鮮よりも過酷な条件の中で生活していたのかもしれません。

日本が敗戦して朝鮮半島が開放されたわけですが、朝鮮は、『日帝支配』といわれた35年の間に、人口は1000万人に倍増しました。そして平均寿命は倍以上の50歳に手が届くようにまでなりました。

さらに、それまで学校というものがなかった朝鮮半島に小、中学校を建設し、子供たちに教育を行ったのは、まぎれもなく我が日本です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。