ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の市場について
2005年03月04日 (金) 16:53 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


中国には、上海、深センという本土の株式市場と香港に株式市場があり、A株とB株のように、本土の市場で扱われているものと、香港市場で取引できるH株やレッドチップなどがある。

本土で取引されるA株とB株のうち外国人が買えるのはB株だけだが、香港市場の株は、すべて外国人でも売買できる仕組みとなっている。

注意事項としては、取引される通貨は人民元ではなく香港ドルや米ドルで行われること、取引時間や売買単位などそれぞれの市場で異なるということなどです。





それぞれの市場の特色

上海・深センの本土市場は、「中国政府のの政策を反映しやすい」といわれている。
香港市場は、ドル・ペッグ制をとっているため、「米国の影響を受けやすい市場」といわれている。


上海市場

A株には有力企業が集中しているが、B株は上場数が少ない。市場規模は大きくないので、値動き激しく、ハイリスク・ハイリターン。米ドルが取引通貨。


深セン市場

最近は、創業板(中国版ナスダック)を開設して企業育成市場への転換を図るものとみられている市場。香港ドルが取引通貨。


香港市場

メイン・ボード(メイン市場)とGEM(香港版ナスダック)の市場がある。 取引通貨は、香港ドル。ちなみに、ハンセン指数とは、香港の有力企業(ハンセン銘柄)の株価の平均値をいう。

・H株
経済発展を続ける中国の基幹産業が多い。
(大企業が中心)

・レッド・チップ
IT、ハイテク、サービス関連企業が多い。

・その他の香港株
H株、レッド・チップに当てはまらない会社。
P株(私営企業)など。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。