ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/12/31 Fri
2004年12月31日 (金) 14:02 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


円・ドル 102.67-102.72 (- 1.10) 31日 13:43
NY原油($/バレル) 43.45 (- 0.19) 30日 16:00 終値



05年の香港株、中国系の消費者関連株や工業株に注目=S&P(ロイター)
米格付け機関のスタンダード&プアーズ(S&P)が来年の注目株として挙げたのは、中國銀行(香港)<2388.HK>、中国移動(香港)<0941.HK>、駿威汽車<0203.HK>、青島ビール<0168.HK>、コスコ・パシフィック<1199.HK>。

このほか、キャセイ・パシフィック航空<0293.HK>や、第3世代(3G)携帯電話の加入者の伸びが期待できるとしてハチソン・ワンポア<0013.HK>も挙げた。

S&Pは、香港の不動産市場の回復が続くことなどを理由に、ハンルン・プロパティーズ<0101.HK>、ヘンダーソン・ランド<0012.HK>、新鴻基地産(サンフンカイ・プロパティーズ)<0016.HK>も好ましい銘柄として挙げた。
-----
いつも思うんですが、あくまでも「予想は予想」で全てを鵜呑みにしてはいけないのは、いうまでもありません。



Qさんオススメ!

中国情報局の「30日付け香港銘柄ランク(日本における中国株投資の動向)」で嘉新水泥(0699HK)が5位にランクインしました。

これはQさんのオススメ銘柄でしたね。
やはり、Qさん(邱 永漢さん)の言葉に皆注目するのでしょう。

以前も、天安中国(0028HK)をオススメ銘柄にしたときには、なんと「中国情報局の香港銘柄ランク(日本における中国株投資の動向)」で第1位となっています。
スポンサーサイト
2004/12/30 Thu
2004年12月30日 (木) 15:54 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


円・ドル 103.71-103.75 (+ 0.51) 30日 18:52
NY原油($/バレル)43.64 (+ 1.87) 29日 16:00 終値



中国人寿保険のIPO情報開示違反、米SEC(米国証券取引委員会)が公式に調査するというニュースで昨日の終値から4.63%も下げて、5.150HK$となりました。(ちなみに僕が購入した株価は5.20HK$です)

詳しいことはわからないまでも、しばらく苦しい時を過ごすことになります。
最近出てくる中国人寿保険に関するレポートや記事では見通しの明るいものばかりだったので非常に残念です。




何故、株価が上がる?

『シノペック(0386)が「シノペック北京燕化(0325)を全面買収し、私有化する」と発表したことで、北京燕化は7.3%高。シノペックは0.78%安で前場の取引を終えた。』

というのは、今日、30日の香港市場の前場の状況です。
それにしても、何故「子会社化」される企業の株価が上がって、親会社の株価が下がるのでしょう?

「買収株価が1株3.8香港ドル」というのも関係するのでしょうか?



今年中国の食糧が増産し、史上最高に
2004年12月29日 (水) 23:43 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


中国の杜青林農業相は、このほど北京で開かれた全国農業会議で「今年中国の食糧生産は、去年より380億キロ増え、史上最高を記録した」と述べた。

それによると、今年中国は一連の農業を支持する政策や措置を講じて、農業の総合的な生産能力を高め、食糧の増産と農民の増収を確保した。そのうち、農民の税金や費用の減免と、食糧栽培農民への手当てなどの措置によって、農民の食糧生産の意欲が向上し、全国の食糧作付け面積と投入が著しく増えた。今年の食糧生産は、4億7000万トンに達し、今年初めの目標を大きく上回っているという。

杜青林農業相は、「食糧生産による収入の増加や牧畜製品の価格の向上によって、今年農民一人当たりの年間収入の伸び率は、6%を超え、1997年以来農民の増収が最もよい年となった」とした。



--------
この記事で銘柄を探すと、超大現代農業(0682HK)がみつかります。

同社は、野菜、果物、米などの生産・販売、スーパーマーケットの経営などを行っています。
低農薬、低化学肥料製品の「超大」ブランドで販売を拡大させており、日本や韓国など、海外にも輸出しています。

最近は、乳業にも力を入れているようですね。
中国大学生の実態
2004年12月28日 (火) 22:37 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


【北京28日共同】民間調査会社が実施した中国の大学生に対する初の本格的な生活実態調査で、対象学生の年間収入・消費額は国民平均年収を上回る約1万元(約12万5000円)に達し、6割が携帯電話、約3割がパソコンを所有するなど豊かな生活ぶりが分かった。
 仕送りや奨学金、アルバイト収入を含めた学生の平均収入は、毎学期(中国の大学は2期制)約4900元(約6万1500円)で、消費額は約4800元。年間収入は1万元前後になり、一般国民の平均年収約8400元を上回る。
 携帯電話は全体の60・4%、パソコンが27・0%、携帯情報端末(PDA)は19・6%が所有、デジタルカメラも6・6%が持っている。主な情報源もインターネットが56・4%と新聞の55・1%をわずかに上回り、ネット接続時間は週に平均8・4時間だった。


円・ドル 102.99-103.06 (- 0.74) 28日 22:20 22:20
NY原油($/バレル) 41.32 (- 2.86) 27日 16:00 終値


-------

原油価格がずいぶん下がりましたね。
ウォーレン・バフェット
2004年12月28日 (火) 11:31 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


ウォーレン・バフェットは、1930年生まれですから今年で74歳ということになります。2004年には大統領候補の民主党ケリー氏の経済顧問に就任するなどまだまだ元気です。

2003年中国株にも手を伸ばし、「ペトロチャイナ 0857HK」の第2位の株主にもなっています。
さて、そのペトロチャイナですが、原油高も手伝ってじわじわきてます。
『 H株 』の中で時価総額が一番大きいので、株価の動きはどうしても緩慢になりやすいようですが、ファンドにも組み込まれやすく『 H株 』が注目されれば自然に株価が上昇していくと思われる銘柄のようです。

そのペトロチャイナの株をバフェットが購入したときの株価が 1.5HK$程度でしたから、今では約3倍にもなっているんですね。う~ん、恐るべし。


ウォーレン・バフェット 投資のポイント
1.資本利益率が高い
2.事業が誰にでもわかりやすい
3.利益はいつでも現金にできる
4.世界的に成長できること

ウォーレン・バフェット銘柄
1.アメリカン・エキスプレス
2.ウェルズ・ファーゴ銀行
3.コカ・コーラ
4.ペトロ・チャイナ


というように、たった10,000ドル足らずの軍資金を40年ほどで300億ドルを超える資産へと成長させたたいした人なんです。
そして、あの『 フォーブス 』の世界の億万長者ランキングでは、ビル・ゲイツに次いで第2位というのを10年近くも持続させているんですね。







ドルは下落の道しかない=バフェット氏が予言(livedoorニュース)
投資会社バークシャー・ハサウェーの経営者であるバフェット氏は、米国は貿易政策を大きく変更しなければ、ドル下落は避けられないだろうと予言した。

バフェット氏の純資産は約410億ドル(約4兆2000億円)で、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長に次ぎ世界第2位。バフェット氏は、現在は投資するものが見当たらなくて困っていると語った。
-----
ビル・ゲイツ氏同様「ドル下落」を予想しています。

バフェット氏は、ペトロチャイナ(0857HK)の第2位か3位の株主とされます。

最近では、チャイナライフ(2628HK)を調査したことが話題になりました。結局、チャイナライフを見送ったようですが・・・・



米P&Gがジレットを570億ドルで買収、世界最大の日用品メーカーに◇ロイター(日経)
ジレット株の約9%を保有する著名投資家のウォーレン・バフェット氏は、P&Gとの合併が完了すると見られる今年秋までに、P&G株1億株を取得する考えを明らかにした。
-----
バフェット氏は「中国がハードランディングする」と読んで、アメリカ株に目を向けたのでしょうか?
人民元の切り上げはまだ先?
2004年12月27日 (月) 21:31 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


[北京 27日 ロイター] 中国人民銀行(中央銀行)は、人民元切り上げ実施が近いという憶測がこのところ広がっているのに対し、人民元の安定を維持するという方針をあらためて示した。

人民銀のウェブサイト(www.pbc.gov.cn)で「人民元相場を基本的に、適切で均衡ある水準で安定するよう維持する」とした。
人民銀は、融資を適切な水準に抑制する方針も示した。

------
このようなニュースが流れると、株価が下がるんですよ。
まだまだ耐える日々が続きます。
何故、中国株か?
2004年12月04日 (土) 16:41 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


ホント、何がきっかけになるか、わからないものですね。

僕が中国に関心を持ったのは、今は亡き青木雄二 (ナニワ金融道の作者・2003年死亡)が担当していたビッグ・コミック・スペリオールという雑誌のコラムを読んでからです。

青木雄二のコラムの中に中国に関する記述があったのです。

僕は、青木雄二の文章のほとんどに目を通していたはずですが、中国なんて、ホント「青天のヘキレキ状態」でした。

中国については、インターネットで調べたりして辿り着いたのが中国株だったんです。青木雄二は、株は嫌いだったようですが・・・・

青木雄二は『ナニワのマルクス』と云われるくらいの共産主義者でしたから、僕は共産主義 には抵抗ないです。

僕は中国に対しては、好きなサッカー・チームを応援するようなものだと思っています。コンサドーレ札幌に対してと同じです。

そういえば、コンサドーレは市民球団ですが、発足当時、市民・道民に1口 5万円で株を販売したんでした。僕は、その頃は5万円も出せませんでした。悲しいですね。株を孫子の為にと 500万円分も買った人もいたようですが・・・・。

ですから、中国については一挙手一投足気になりますし、新聞、テレビに中国の文字が載ると必ず見なければ気がすまなくなってしまったんです。

コンサドーレは現在(2004年)断トツのJ2最下位ですが、僕はその原因は、フロント(経営サイド)にあるとみています。

天下りに何ができるでしょうか?
官主導のコンサドーレに未来はない?
僕の職場にも天下りが偉そうにしています。
ムショウに腹が立ちます!!

逆に中国は、共産主義でありながら『資本主義経済』を導入し、日本を含む海外からの投資を積極的に受け入れる体質へと変わりました。市場経済国として必ず大きくなっていくことでしょう。

中国の未来に僕は賭けています。

その根拠は、まず「通貨が安い。」ことがあげられるでしょう。通貨(元)が安ければ、労働力と土地が安く供給できるので、輸出が有利となります。

つぎは、「世界の工場」としての地位と豊富な労働力があることです。中国には世界中から「ヒト、モノ、カネ」が集まってきています。世界中が注目しているのです。

中国が崩壊するという人がいますが、そんなことは僕には考えられません。これから北京オリンピックや上海万博を控えて中国が世界に認められようと頑張っているのに、なぜ中国政府が世界から孤立の道を歩む必要があるのか理解できません。

中国は発展しています。そして、13億人もいる大きな市場もあるのです。中国が成長すれば、国民の所得も増えるのですから、購買意欲も旺盛になるはずです。

現在は、日本通貨の円が強いですから、僕ら日本人は安く中国株を買うことができるのです。

2001年のB株、2003年のH株の高騰で儲けた方も大勢いると思います。2004年秋、また香港株の上昇が感じられます。もし、中国の通貨(元)の価値が上がったら、円安差益でも儲けられる可能性があるのです。

中国株を早く始めて、長期保有で大もうけ。僕は、そう確信しています。


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。