ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京の警官15%増員へ・五輪控え5万人超す体制に
2005年06月05日 (日) 21:06 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


北京の警官15%増員へ・五輪控え5万人超す体制に(日経)
5日付の中国各紙によると、北京市政府は現在約4万4000人の警官を一挙に6500人(約15%)増やす方針を決めた。治安情勢の悪化で現場の警官の負担が加重になってきたと判断し、2008年に開催される北京五輪もにらんで5万人超の体制を整える。
-----
こういう記事に敏感に反応して「警察を増やすのは、別の意味がある。」とか、ロシアと中国の合同演習に「きな臭い匂い」とか騒ぎ立てる人がいますが、日本でも、今年の警察官と自衛官の採用人数が多かった、という事実をどう見るのでしょうか?
スポンサーサイト
中国のリスク
2005年01月04日 (火) 08:02 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


中国経済がどんなに発展しようとも、忘れてはいけないことがあります。

中国の『カントリー・リスク』と呼ばれるものです。
中国は、一党独裁の共産主義国家で、政治の力が強すぎるように感じます。
過去には、六四天安門事件、文化大革命、大躍進政策のようなできごとが起こっています。



六四天安門事件(1989年)

民主化を求めるデモ隊が人民解放軍により鎮圧された事件。
中国政府の発表によれば、天安門事件による死者は319人に上る。
当時の中国共産党総書記である趙紫陽がデモ隊に同情的な発言をして失脚。


文化大革命(1966-1976 毛沢東の時代)

60年代前半の中ソ論争により中国国内で修正主義批判が盛んになり、多くの知識人・官僚らが追放または投獄された。
また極端なマルクス主義に基づいて宗教が徹底的に否定され、特にチベットでは、仏像が溶かされたり僧侶が投獄・殺害されたりした。
一説には、13万人以上が処刑され、餓死などで170万人以上が犠牲となった、とある。


大躍進政策(1958-1959 毛沢東の時代)

市場原理を無視して人民に厳しいノルマを課し、ずさんな管理の元で無理な農業・工業の増産を指示したため却って生産力低下をもたらした。
大躍進による餓死者数は2000万から5000万と言われているが、はっきりした数字は解っていない。


これらの出来事を「ついこの間」と見るか「遠い過去」と見るかは個人の自由ですが、中国は「何が起こるかわからない国!」というのは中国嫌いの人の言い分ですが、僕は『虎穴に入らずんば虎児を得ず』のごとくリスク覚悟で中国株に挑みます。


ついでに、最近中国が起こした国際問題は次の通りです。

尖閣諸島の領有権問題
尖閣諸島の領有権問題
Yahoo!ニュース 尖閣諸島問題


・ 東シナ海ガス田問題
Yahoo!ニュース 東シナ海ガス田問題
東シナ海・日本の資源まとめサイト


沖ノ鳥島での中国海洋調査船の違法調査


東トルキスタン独立運動


スプラトリー諸島領有権問題


ウィキペディア (Wikipedia) は自由にご利用頂ける百科事典です。


自衛隊のホームページの 『第1章 国際軍事情勢』 で 『 中国 』 についての記述がありました。


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。