ウハウハ! 中国株。
中国株、その他お金に関する情報交換が目的のブログです。ネット上の有益なニュースを探し出せ!

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孫正義会長、中国アリババドットコム投資でハイリターン
2005年08月22日 (月) 01:02 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


孫正義会長、中国アリババドットコム投資でハイリターン(中央日報)
政府技術(IT)投資の鬼才として知られる日本ソフトバンクの孫正義会長がまた‘大穴’を当てた。 中国のインターネット商取引会社アリババドットコム(alibaba.com)に投資し、‘黄金の卵’として返ってきた。
-----
ここにも、世界中の注目を集める投資家がいましたね。

しかし、日本では上記ニュースは報道されてましたか?
たしか、ホリエモンが買った株のニュースはありましたが・・・・

それよりも、僕ですよ!!
今注目している銘柄は、上海電気(2727HK)です。
中国の近代化には、なくてはならない企業と思いますが、はたして?



上海電気
≫ "孫正義会長、中国アリババドットコム投資でハイリターン" の続きを読む...
スポンサーサイト
原油価格は将来100ドル突破、株式には悪影響も=米投資家のジム・ロジャーズ氏
2005年08月20日 (土) 01:13 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


原油価格は将来100ドル突破、株式には悪影響も=米投資家のジム・ロジャーズ氏(ロイター)
原油価格は将来100ドルを突破する──。米著名投資家のジム・ロジャーズ氏はロイター通信とのインタビューでこう述べた。ただし時期については分からないとしている。一方、株式など他の資産市場は原油高騰による悪影響を余儀なくされるだろう、としている。
-----
日本でも人気の冒険投資家ジム・ロジャーズ氏の登場です。

「中国は、ハード・ランディングする!」と予言してましたが・・・・
≫ "原油価格は将来100ドル突破、株式には悪影響も=米投資家のジム・ロジャーズ氏" の続きを読む...
ビル・ゲイツ
2005年01月29日 (土) 11:39 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


ビル・ゲイツは、1955年、シアトル生まれの実業家でマイクロソフト社の共同創業者。同社の開発した Microsoft Windows によって彼の名は一躍有名になった。

現在はマイクロソフト社の会長兼CSA(主席ソフトウェア設計者)で個人資産は世界一。資産総額は推定 480億ドル。
妻のメリンダ、娘とともにシアトル地区に在住。

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(妻のメリンダと共に作った慈善団体)を通して数々の投資と寄付を行っている。

ビル・ゲイツのホームページ


ゲイツ財団の中国投資銘柄
1.海域化工集団 (2882HK)
2.北人印刷機械 (0187HK)
3.中国稀土 (0769HK)
4.煙台安徳利果汁 (8259HK GEM)


-----
『7月30日にビル&メリンダ・ゲイツ基金が、貴金属めっき大手の海域化工~オーシャルグランド・ケミカルズ~(2882)の株式2556万株を購入した。』
というニュースをきっかけに、8月3日の取引では、海域化工の株価がなんと 37.75%高と急騰しました。

昨年、ウォーレン・バフェットがペトロチャイナを購入した際にもウォーレン・バフェットにあやかりたいという人が増えました(実は僕も参加しました)が、これと同じ夢を見たのでしょうね?
「ビル・ゲイツ効果」はすごいですね。

『しかし、その3日の取り引きでゲイツ基金は海域化工の株式279万株を1株当たり1.35香港ドルで売却していたことが明らかになった。』と、5日付で香港・経済通が伝えています。

ウォーレン・バフェットは、長期保有型で安心タイプといえるでしょうが、ビル・ゲイツの方は、短期売買型というんでしょうか?「ちょうちん」つけにいくのは、ちょっと恐いですね。

う~む、ビル・ゲイツとはこういう人なんだな~、と。
ビル・ゲイツとの付き合い方を考えさせられますね。
-----



上記は、8月16日付のウハウハ日誌に掲載した記事ですが、最近中国国内ではビル・ゲイツについてこんな見方を示す中国メディアもあります。

「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、H株の買い入れを行なって、A株を育成、あるいは練習、見極めを行なって、最終的にはA株をターゲットとしているのではないか」と。

したがって、ゲイツ基金の尻馬に乗っかって、いい思いをしようとして裏切られる投資家のなんと多いことか。

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は7月に中国本土において、A株投資が認められるQFII(指定国外機関投資家)に認定されています。

僕は、ビル・ゲイツとは馬が合わないようですから、この人は無視しようと思います。

だけどまた、この事実を知らない人は、「ゲイツ効果」で火傷するのでしょうね?







今週(2005/01/29 現在)びっくりさせられたニュースのナンバー1は、『ゲイツ夫妻:770億円寄付 貧しい子どもの予防接種に』(毎日新聞)です。

”ゲイツ氏は「子どもの予防接種に対する支援は、これまでの我々の投資の中で最善のものであることは間違いない」と語るとともに、途上国の子どもの健康を守るために先進国も支援を強化すべきだと訴えた。”
-----
やってくれますね。大物はこうでなくてはなりません。

金持ちになって、ボランティア精神を発揮する。
僕は、非常に憧れます。

”「ゲイツ基金」はスマトラ沖大地震の津波被害に対しても300万ドルの義援金提供を申し出た。”とありますから、ただただ脱帽です。人間、こうあるべきです。

以前僕は、ゲイツ氏を批判する文章を掲載していましたが、撤回しなくてはなりません。

さて、米マイクロソフト・ゲイツ会長「ドル下落は続く」(日経)という認識を示すビル・ゲイツ氏が選んだ中国での投資先は、『ゲイツ基金:A株取得、水道事業の南海発展』(中国情報局)です。

A株の南海発展股フェン有限公司[600323]の株式52万3501株で、持ち株比率は0.25%ということだそうです。

今回ゲイツ基金が株主として決算発表にその名を現した南海発展は、水道水の供給が主な事業。今回発表された決算では、売上高が前年比約6.65%増、純利益が同約11.65%増で、配当は0.25元の予定です。

おそらく、これに関連してのことだと思いますが、香港市場でも動きがありました。

南海控股(0680HK)ですが、同じ「南海」ですから、関係があるのでしょうか?先月末から株価、出来高ともにすごいことになっています。

また、南方国際(1176HK)も、やはり「南」ですから関係あるのでしょうか?

これらのつながりについては、残念ながら僕には調べるすべはありません。
邱 永漢
2005年01月06日 (木) 11:49 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


Qさんは、1924年の台湾生まれで東大卒の直木賞作家です。
以来、作家、経済評論家、経営コンサルタントとして活躍されてます。

最近では、「ハイハイQさんQさんデス」というサイトを立ち上げて、有益でお金が儲かる情報を僕たちに提供してくれてます。
中国株を買うに当たって、これほどありがたい情報はありません。
実際に儲けさせてくれたんですから、まさに「信じる者は救われる。」です。

ただ、中国株をやっている人で「ハイハイQさんQさんデス」を知らない人はいないでしょうから、初心者の方はここでQさんについて知るよりも実際にサイトを訪れた方がいいですね。

さて、皆さんの中でQさんと「中国考察団の旅行」に参加された方はいませんか?

僕も絶対行ってみたいです。
でも、労働者の悩みですね。長い休みはなかなか取れないです。
離職して中国考察団に参加して中国株で儲けたいけど、株を仕事にするのはQさんは反対してましたよね。
中国考察団に参加された方は、どんな人たちなんでしょうか?

自営業の人、離職して中国株に全てを託した人、もともとのお金持ち、長い休暇を取れる恵まれた労働者や公務員、暇なQさんファンなどでしょうか?

やはり、余裕で旅行に行ける人にはかないませんね。
今はまだ僕はその仲間入りを果たせませんが、近いうちに『必ず!!』という気持ちでこのホームページを作ってます。
ジム・ロジャース
2005年01月06日 (木) 11:37 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


ジム・ロジャースは、1942年生まれで、5歳にして野球場の空きビン拾いを行い、7歳でリトルリーグの試合でソフトドリンクやピーナッツを販売する許可を取得するなど、こんなに早くから企業家として芽を出しているんですね。

更に冒険好きとしても有名で、バイクで世界一周を敢行したりもします。
このような旅行によって訪れた国や地域をつぶさに観察して、証券市場の未発達な国を発掘するのが彼の得意技です。

ポルトガル、ボツワナ、ペルー、モザンビークなど、このような国々で大きな利益を上げてきました。
なんでも、こうした発展途上の市場に投資する場合、彼の流儀は「取引所で扱っているまともな株すべてを買う。」ことなんだそうです。
いわゆる『国そのものへの投資。』ですね。

彼は、データから読み取れない経済水準の高さを感じ取ったとき投資を開始するのだそうです。


ジム・ロジャース 投資のポイント
1.危機に陥った企業はチャンス
2.長期的なトレンドの変化
3.政府の政策転換に注目する
4.ある企業の株が過大評価されたら売り


ジム・ロジャースの銘柄選択基準は、
「悪材料が出尽くし、これ以上株価が下がらないという確信を持てる銘柄。」を買うことだそうです。
倒産しかけていたロッキードやクライスラーが典型的な例ですね。

ジム・ロジャースは「中国はハード・ランディングする。」と言っていますが、ホントでしょうか?
「ハード・ランディングしてから買いにくる。」ともコメントしていましたね。

彼はまだ中国株の中で購入した銘柄を明らかにしていませんが、もしかしたら全銘柄、いわゆる『中国買い』をするかもしれませんね。
彼の本格的参入は、ハード・ランディング後だそうですが、思惑どうりにいくのでしょうか?
僕は、ソフト・ランディングを信じてますが・・・・・

どっちにしても、中国株は必ず「上がる」はずなので、僕としては「ホールド」の姿勢は崩しません。
ウォーレン・バフェット
2004年12月28日 (火) 11:31 | 編集


ブログ移転しました。

もしよろしければ、覘いてみてください。


「ウハウハ!中国株。」

http://chupako5858.blog109.fc2.com/




今日のニュースは、


ウォーレン・バフェットは、1930年生まれですから今年で74歳ということになります。2004年には大統領候補の民主党ケリー氏の経済顧問に就任するなどまだまだ元気です。

2003年中国株にも手を伸ばし、「ペトロチャイナ 0857HK」の第2位の株主にもなっています。
さて、そのペトロチャイナですが、原油高も手伝ってじわじわきてます。
『 H株 』の中で時価総額が一番大きいので、株価の動きはどうしても緩慢になりやすいようですが、ファンドにも組み込まれやすく『 H株 』が注目されれば自然に株価が上昇していくと思われる銘柄のようです。

そのペトロチャイナの株をバフェットが購入したときの株価が 1.5HK$程度でしたから、今では約3倍にもなっているんですね。う~ん、恐るべし。


ウォーレン・バフェット 投資のポイント
1.資本利益率が高い
2.事業が誰にでもわかりやすい
3.利益はいつでも現金にできる
4.世界的に成長できること

ウォーレン・バフェット銘柄
1.アメリカン・エキスプレス
2.ウェルズ・ファーゴ銀行
3.コカ・コーラ
4.ペトロ・チャイナ


というように、たった10,000ドル足らずの軍資金を40年ほどで300億ドルを超える資産へと成長させたたいした人なんです。
そして、あの『 フォーブス 』の世界の億万長者ランキングでは、ビル・ゲイツに次いで第2位というのを10年近くも持続させているんですね。







ドルは下落の道しかない=バフェット氏が予言(livedoorニュース)
投資会社バークシャー・ハサウェーの経営者であるバフェット氏は、米国は貿易政策を大きく変更しなければ、ドル下落は避けられないだろうと予言した。

バフェット氏の純資産は約410億ドル(約4兆2000億円)で、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長に次ぎ世界第2位。バフェット氏は、現在は投資するものが見当たらなくて困っていると語った。
-----
ビル・ゲイツ氏同様「ドル下落」を予想しています。

バフェット氏は、ペトロチャイナ(0857HK)の第2位か3位の株主とされます。

最近では、チャイナライフ(2628HK)を調査したことが話題になりました。結局、チャイナライフを見送ったようですが・・・・



米P&Gがジレットを570億ドルで買収、世界最大の日用品メーカーに◇ロイター(日経)
ジレット株の約9%を保有する著名投資家のウォーレン・バフェット氏は、P&Gとの合併が完了すると見られる今年秋までに、P&G株1億株を取得する考えを明らかにした。
-----
バフェット氏は「中国がハードランディングする」と読んで、アメリカ株に目を向けたのでしょうか?


UP ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Copyright (C) 2005 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

当サイトの情報を利用したことにより、いかなる損害がありましても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
投資・その他全ての判断は、自己責任でお願いします。
当サイトの内容や構成の複製・転載を固く禁じます。
リンク・フリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。